ワーク点検は客観的なより分けが重要

  • 2017.05.08 Monday
  • 11:19

連休明け

 


ワーク点検からスタートする。

 


ワークをやるのは当たり前だ。

 


だが、重要なことは、

 


解答欄を『埋める』ことではない。

 


テスト当日に『解ける』ことだ。

 


ワークの解答欄が埋まっているからと言って

 


解けるとは限らない。

 


ワークの1周目は、

 


既に、解ける状態の問題と、

 


これから、解ける状態にすべき問題を

 


より分ける段階だ。

 


このより分ける段階が重要なのだ。

 


そして、このより分けには

 


他人による

 


客観的なより分けが必要なのだ。

 


数学の成績を跳ね上げる秘訣は、

 


客観的なより分けるにある。

 


反復練習が必要な問題をより分ける。

 


より分けた問題を反復練習する。

 


目を焼き付けるまで反復する。

 


これが、数学の定期テスト対策の王道だ。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

電話番号

048−571−4078

塾長ホットライン

090−9952−7294

住所

深谷市上柴町東5-1-4

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM