中受の算数はスピードが重要

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 22:39

先日、首都圏模試があった。

 

前回、算数を解く時間がギリギリだった。

 

そのためこの1か月間、 スピード強化のトレーニングを積んで臨んだ首都圏模試。

 

その特訓をした生徒が 試験終了後、塾に自習に来た。

 

やりきったという表情だったので、 その表情を見て、少しホッとする。

 

自己採点の結果、前回より 15点アップしたようだ。

 

勝因は2点

 

1点目は 時間に追われることなく解ききったこと。

 

2点目は 取るべき問題をきっちりと取れていたこと。

 

この生徒、半年前に塾に来たときは 算数に自信を失っていた。

 

ちょっと浮かない表情の生徒だった。

 

それが、最近は勉強が順調なようで、 穏やかな表情になってきた。

 

笑顔が多くなった。

 

そして 最近は算数が一番の得点源になってきた。

 

この調子で本番まで駆け抜けていければ

 

遠かった第一志望にも手が届きそうだ。

 

 

数学徹底特訓とだか塾 048-571-4078

 

ホームページはこちら

数学の偏差値を安定させる

  • 2018.10.05 Friday
  • 12:53

北辰数学を安定させるには

大問2の図形の単元を取り切ることだ。

できる生徒ほど

大問3の関数

大問4の図形

に気を取られて

大問2の対策をおろそかにしているケースがある。

確かに配点の高い問題を取りに行くことは

間違えではない。

しかし、大問2の問題の正答率を上げてからだ。

大問2の正答率をあげるには手順がある。

手順を踏んでトレーニングをしていけば

北辰数学の偏差値は上がる。

 

そして安定する。

 

 

まだまだ

焦る必要はない。

あきらめる必要もない。

 

 

数学徹底特訓とだか塾

048-571-4078

ホームページはこちら

小6は速さの単元で2つの能力を鍛えろ

  • 2018.10.01 Monday
  • 13:25

小学6年生は速さの単元に入った。

速さの単元は

文章を分析する能力

文章を立式する能力

を鍛えるには絶好の単元だ。

是非とも小学生のうちに磨いておきたい能力だ。

なぜなら、それらの能力が弱いと

中学に入って数学が伸び悩む。

特に文字式の文章問題あたりから、

問題文の分析に躓いてしまう。

そして

立式に苦労することが多くなる。

だから、

中学で数学を得意にするためにも、

小学生のうちに、速さの単元を通して

問題を分析する能力と立式にする能力を磨いておきたい。

北辰数学を早急に対処する方法

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 12:32

北辰数学の偏差値が伸びない要因

 

 

大問2の失点だ。

 

 

この大問2を

 

 

9割以上、取れるようにトレーニングをしよう。

 

 

これで、偏差値60の壁は突破できる。

 

 

それらが完了したら、

 

 

大問3と大問4のトレーニングに移ろう。

 

 

 

勉強方法としては、

 

 

定期テストの勉強と同じく、

 

 

反復練習です。

 

 

問題を瞬殺できるまで

 

 

繰り返しトレーニングをすること。

 

 

得点力と偏差値が跳ね上がります。

 

 

短時間で、しかも、確実にしとめるトレーニングだ。

 

 

いま、必要な対策は、幅広い勉強ではなく、ピンポイントの対策だ。

 

 

そして、問題を解く際には

 

 

常に制限時間を意識しよう。

 

 

テストには必ず制限時間がある

 

 

制限時間を無視した勉強は無駄である。

 

統一合判 算数

  • 2018.09.10 Monday
  • 23:29

統一合判 首都圏模試

 

 

算数で差がつく問題は

 

 

大問3の水位と比の問題だ。

 

 

特殊な解法は必要ない。

 

 

一見、簡単そうな問題だが、

 

 

水を移し替えるとはどのような意味か、

 

 

底面積と高さの関係をどのように使うか、

 

 

思考力スピードが試される問題だ。

 

 

このような問題をテキパキ処理できるようにしたい。

 

 

なぜなら、ここで時間をかけすぎると

 

 

最後の問題までたどりつけないからだ。

 

 

中学受験の算数は、 思考力が要求される、

 

 

ただし、その思考力は 「スピード」を伴う思考力だ。

 

 

日頃からの時間を意識したトレーニングをやっているか、

 

 

その勉強方法が問われている。

 

 

解くのに時間がかっていたら

 

 

その勉強方法は要注意だ。

 

 

 

数学徹底特訓とだか塾

お問合せは以下へ

048-571-4078

 

ホームページはこちら

 

 

算数の過去問

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 14:01

算数の過去問演習 過去問は、

 

 

志望校からのメッセージだ。

 

 

どのレベルまで自分が到達すれば合格できるか

 

 

教えてくれるものだ。

 

 

だから、

 

 

できなかった問題は徹底的に復習しよう。

 

 

できるようにして、次の年度の問題に取り組もう。

 

 

合格に必要なスキル

 

 

徹底的な復習を通して磨かれる。

 

 

そして

 

 

自分に足らないものは補おう。

 

 

過去問を通したスキルアップが合格への道筋だ。

 

 

どうしても行きたい!

 

 

その中学校に 逆転合格する秘訣だ。

 

 

数学徹底特訓とだか塾

お問合せは以下へ

048-571-4078

 

ホームページはこちら

 

 

図形は、時間をかけてレベルを上げる。

  • 2018.09.02 Sunday
  • 11:38

図形を得意にするには

 

 

徐々にレベルを上げていくことが大切だ。

 

 

なぜなら 簡単な問題をいくら解いたところで

 

 

実力が上がらない。

 

 

かといって レベルの合わない難しすぎる問題では

 

 

解説を聞いても理解ができない。

 

 

だから 図形のレベルを上げるには、

 

 

解けそうで、解けない問題に挑戦することだ。

 

 

解けそうで、解けない問題を

 

 

解けるようにトレーニングすることだ。

 

 

それが効果的な図形の勉強方法だ。

 

 

一段一段、階段を上るように実力は付いていく。

 

 

ある日突然、図形が得意になるということはない。

 

 

図形を得意にするには 時間をかけて、

 

 

焦らず、じっくりと取り組むことが大切だ。

 

 

数学徹底特訓とだか塾

お問合せは以下へ

048-571-4078

 

ホームページはこちら

 

 

中受の算数は8月が勝負

  • 2018.08.04 Saturday
  • 00:22

中受の算数は8月が勝負だ。

 

なぜなら、受験までの日数が

 

160日あまりだからだ。

 

だから、効率よく勉強して最大限の成果を上げたいもんだ。

 

 

効率の良い勉強とは

 

◇合否を分ける問題に

 

時間をエネルギーを

 

集中して投入する勉強だ。

 

 

◇解けそうで解けない問題を

 

確実に解けるようにする勉強だ。

 

 

効率の良い勉強が実行できたか、実行できなかったか

 

それが、秋の模試で、明暗を分ける。

解法のメンテナンスは大切です。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 17:56

算数、数学の試験の後、

「できると思った」

そのような経験があるだろう。

できると思うことと、

実際にできることの間には

雲泥の差がある。

確かに、学んだ瞬間は、できるようになったのだろう。

しかし、時間が経つと解法を忘れてしまうものだ。

だから、復習が必要なのだ。

だから、解法のメンテナンスが必要なのだ。

せっかく学んだ解法を

模試で思い付かなかったらどうするの?

入試本番で忘れていたらどうなるの?

それでも、テストが終わった瞬間に

『できると思った』

と呑気に言い訳をするのだろうか?

 



入試本番で,


合否に直結するのは、

解いたとがある問題見たことある問題だ。

このような問題は確実に仕留めろ。

言い訳はいらない。

今すぐ、解法のメンテナンスをやろう。

 

それが、合格への近道です。

腑に落ちるまで深く理解せよ

  • 2018.07.05 Thursday
  • 19:03

解法の丸暗記でも少し賢い子なら答えが出てしまう。

しかし、解法の丸暗記は、その場限りの効果だ。

忘れたらそれで終わりだ。

もし、入試本番で、解法を忘れていたらどうするのだろうか?

やはり、

解法を忘れない勉強をするべきだ。

解法を忘れないようにするには、

すーっと腑に落ちるまでの理解が必要だ。

解法の手順を的確に答えられるだけの

深い理解が重要だ。

中受の算数で躓く原因の多くは

腑に落ちないまま、先に進んでしまうからだ。

腑に落ちる問題を増やせば、成績は上がる。

当たり前だが、

これが算数の文章問題を得意にするコツ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

電話番号

048−571−4078

塾長ホットライン

090−9952−7294

住所

深谷市上柴町東5-1-4

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM