腑に落ちるまで深く理解せよ

  • 2018.07.05 Thursday
  • 19:03

解法の丸暗記でも少し賢い子なら答えが出てしまう。

しかし、解法の丸暗記は、その場限りの効果だ。

忘れたらそれで終わりだ。

もし、入試本番で、解法を忘れていたらどうするのだろうか?

やはり、

解法を忘れない勉強をするべきだ。

解法を忘れないようにするには、

すーっと腑に落ちるまでの理解が必要だ。

解法の手順を的確に答えられるだけの

深い理解が重要だ。

中受の算数で躓く原因の多くは

腑に落ちないまま、先に進んでしまうからだ。

腑に落ちる問題を増やせば、成績は上がる。

当たり前だが、

これが算数の文章問題を得意にするコツ

躓きは分割せよ

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 12:27

算数、数学の勉強がはかどらない原因は、

 

躓きがあるからだ。

 

理解不足の単元がが少ないうちは、自分で解決できる。

 

しかし、理解不足が雪だるま式に増えてしまうと

 

自分ではコントロールできなくなる。

 

どこから手を付ければ解決できるか、

 

その糸口がわからないからだ。

 

 

【困難は分割せよ】

 

雪だるま式に膨れ上がった理解不足は分割する

 

分割して、優先順位のスケジュールを組む。

 

スケジュールを組んだら、実行する。

 

 

躓きを解消すれば、演習量が増える。

 

演習量が増えれば、解ける問題が増える。

 

解ける問題が増えれば、数学は上がる。

 

 

数学を得意にして難関校を目指す塾

数学徹底特訓とだか塾

 

ホームページはこちら

電話048-571-4078

早大本庄は早稲田大学への最短経路

  • 2018.06.01 Friday
  • 15:15

 

早稲田大学現役合格者

 

H29現役合格 H30現役合格 合格者減少率
栄東 137人 123人 10%減
本庄東 25人 20人 20%減
熊谷高校 10人 10人 0%減

 

 

 

栄東高校で14人減少、前年比10%の減少

 

本庄東高校では、5人減少、前年比20%減少

 

熊谷高校は前年度と変わらぬ実績です。

 

 

やはり、現役で、早稲田大学へ行く最短コースは早大本庄です。

2018年3月卒業生 340人

 

   学部名 進学者数
   政治経済学部 77人
   法学部 47人
   文化構想学部 16人
   文学部 20人
   教育学部 20人
   商学部 34人
   基幹理工学部 37人
   創造理工学部 27人
   先進理工学部 23人
   社会科学部 20人
   人間科学部

2人

   スポーツ科学部 6人
   国際教養学部 10人
   合計 339人

 

数学解き直し講座のお知らせ

  • 2018.05.26 Saturday
  • 18:43
中間テストの数学の答案用紙は
自らの弱点を端的に教えてくれている。
これを活用すれば効率的な学習ができる。
そして、期末テストでも出題される可能性が高い。
だから、いま、数学のテストの解き直しをしよう。

 

 

数学解き直し講座 要項​

 

◇日程 2日間 相談にて決定

 

◇時間 19:30〜21:30の120分間

 

◇対象 中学1年生〜高校1年生(公立・私立)

 

◇費用 5,400円(税込)

 

お申込は048-571-4078

 

 

早大本庄は早稲田大学への最短経路

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 23:14

早稲田大学合格者数

 

H29現役合格 H30現役合格 合格者減少率
浦和高校 66人 40人 40%減
大宮高校 106人 67人 37%減

 

 

大学入試の入学定員の絞り込みによって

 

早稲田大学の合格者数が激減している。

 

それは、県立トップ校の現役合格者数を比較するとよくわかる。

 

去年と今年の現役合格者数を比べてみると

 

浦和高校で26人減少、前年比約40%の減少

 

大宮高校では39人減少、前年比約37%の減少だ。

 

 

入学定員の厳格化は一過性のものではなく、

 

これからも続く。

 

その事実を踏まえると、

 

早大本庄に入学することは

 

現役で早稲田大学へ行くための

 

最短経路だということができる。

 

もし、中学生の段階で、現役で早稲田大学に行きたいと思うのならば、

 

早大本庄を受験するという選択肢もあると思う。

 

 

 

早大本庄 倍率分析 

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 14:27

 

2018年度 

 

一般入試

 

募集人数 志願者数 合格者数 合格倍率
男子 約100人 1,487人 407人 3.65倍
女子 約70人 744人 154人 4.83倍
合計 約170人 2,231人 561人 3.97倍

 

 

 

α選抜(自己推薦)

 

募集人数 志願者数 合格者数 合格倍率
男子 約45人 115人 49人 2.34倍
女子 約30人 177人 38人 4.65倍
合計 約75人 292人 87人

3.35倍

 

 

 

早大付属・係属高校は関東に4つあるが、

 

早大学院と早稲田高は男子校。

 

共学は早大本庄と早実の2校

 

しかも早大本庄の女子の募集人数は男子よりも少ない。

 

女子の倍率が高い理由はここにある。

 

だから、女子で早大本庄を目指すのなら、

 

中1からロケットスタートが必要だ。

 

中3からではハードルが高い。

 

 

中間テスト 数学のポイント 上柴中 中3

  • 2018.05.12 Saturday
  • 11:28

上柴中 中学3年生 数学

 

 

式の展開と因数分解は解けて当たり前。

 

そこでは差が付かない。

 

差が付く分野

 

中2の問題だ。

 

【差が付く中2の問題】

 

◼️平行線と面積

 

◎ポイント1

土地を分ける作図の問題

簡単そうに思えるが練習をしておかないと本番で戸惑う問題だ。

 

◎ポイント2

P143練習,量簑

これはそのまま出題される可能性が高い。

「すべて見つけなさい。」という問題だ。

 

■確率

◎ポイント1

教科書の例題1〜例題4を瞬殺レベルになるまで解く。

 

確率を苦手にしている生徒は意外に多い。

しかし、まずは教科書の例題を暗記することから始めるとよい。

 

◎ポイント2

基本パターンを身に付けてから派生問題をワークでトレーニングする。

これが高得点を取るがコツだ。

質問できる環境

  • 2018.05.07 Monday
  • 23:30

組み分けテスト、合不合判定テスト


見直しが大切な事は、みんな知っている。


しかし、見直しに時間がかかってしまうので、はかどらない。


効率的に見直しをするなら、


算数が得意な人に聞いてしまうことだ。


友だちでも、親御さんでも、塾の先生でも


算数の質問に答えてくれる人が近くにいると


見直しがはかどる。


中受の算数は特殊だ。


解法がわかる人には簡単に感じるが


解法がわからない人には難しく感じる。


そして、解説を読んで、考えてもわからない問題が多い。


だから、質問できる環境作りが大切だ。


さらに、


質問できる環境があると


安心して勉強ができる。


安心して勉強できると、勉強量が増える。


勉強量が増えると、解ける問題が増える。


解ける問題が増えると、偏差値が上がる。


中学受験では、


この安心感が偏差値を伸ばす要因になる。














質問できる環境

北辰は分析が重要だ

  • 2018.04.29 Sunday
  • 15:08

 

北辰テストの数学は

 

もちろん受験までの準備は大切だ。

 

しかし、

 

それ以上に、失点の分析が重要だ。

 

失点を分析すると単元ごとの習熟度がわかる。

 

■一次関数の習熟度

 

■確率の習熟度

 

■証明の習熟度

 

習熟度が分かれば対策を立てられる。

 

それにもかわらず、

 

多くの受験生が偏差値を見て一喜一憂して、終わっている。

 

良くて、解き直しまでだろう。

 

しかし、解き直しだけでは、失点した原因を分析にはならない。

 

なぜこの問題を落としたのか、それを分析する。

 

分析することで

 

習熟度を上げる対策を立てることが可能になる。

 

分析のない対策は対策とは呼べない。

 

そして、 

 

習熟度を上げる対策を立てたら、

 

次に、その対策実行する。

 

対策実行できたかを次の北辰で確認する。

 

このサイクルが数学の偏差値を上げるしくみ。

 

 

 

数学を得意にする塾

数学徹底特訓とだか塾

 

ホームページはこちら

 

 

 

 

 

点対称

  • 2018.04.23 Monday
  • 22:35

小6の算数


点対称な図形を描くことは


以外と難しい。


頭で考えできる問題ではなく


手を動かして体得する問題だからだ。


みんな最初は苦戦しているが、


類題を5問やる頃にはコツを掴む。


類題を10問やる頃にはきれいに描ける。


見守っていれば、生徒は描けるようになる。


指導者が手取り足取り教えても、生徒は自分の力で描けるようにはならない。


適度な距離感で指導することが大切だ。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

電話番号

048−571−4078

塾長ホットライン

090−9952−7294

住所

深谷市上柴町東5-1-4

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM